ビオスの丘

「よし!日曜日はお弁当作ってビオスの丘へゆこう!」と急に言い出した きなこパパ。はい??ビオスの丘???なんだそれは????しかもお弁当って誰が作るんだ?と?マークだらけの頭の中。「明日は天気もいいみたいやし、あったかいし。お弁当はから揚げと、玉子焼きとポテサラと、おにぎりにしよう」てなわけで、きなこパパお手製お弁当完成
画像
よっしゃ出発や。玄関に鍵をかけ駐車場へ。どよーん・・・えー・・めっちゃ曇ってる・・・今にも雨ふりそうやん。一気にテンション下がる。ビオスの丘までは車で一時間ほどの距離。ここ南国の道路の両側に植わっているやしの木も心なしかぐったりしている。なんてったってまだ午前11時だというのに外灯が点いている・・・。天気予報大はずれ・・・・。晴れていれば太陽の光が水面に反射してキラキラ光るエメラルドグリーンの海・・・もやーん・・だよねーこのねずみ色の空模様のせいでエメラルドグリーン色に見えるはずの海ももやーんと霧がかかっているみたいに冴えない色。そんなかんじで途中道を間違えながらも今日の目的地ビオスの丘に到着。画像地面に書かれた葉っぱの矢印をたどって行き入り口に。車から降りると、さぶっ!曇ってる上に寒いって・・・・まあでもせっかくのお出かけ、楽しまねばと遊覧船のチケットも買いいざビオスの丘へ入場。画像
画像
まずはー・・・時間も時間やし腹ごしらえ。放し飼いの派手な毛色の鶏に囲まれ木のテーブルベンチでさっそく きなこパパのお弁当を食べる。きなこもおにぎりをパクパク食べる。行きの車で眠ったきなこはごきげんさん。外で食べる、しかも人が作ってくれたものってなんでこんなにおいしいのかしら。あっという間にぺろりとたいらげ、ヤギをながめ、竹馬にのり(正確には乗れたのは きなこパパのみ)いろんな植物を眺めながら遊覧船乗り場へ。乗船時間が25分とけっこう長いので、おやつにセコイヤチョコレートの苺味を買い乗り込む。出発時間になっても乗っているのは 、ぽっつーんきなこ一家だけ。そしてそのまま出発。遊覧船を運転しながらガイドしてくれるお兄さんともマンツーマンの遊覧。「お客さんたち、どちらからいらしたんですか?」 「四国から昨日来ました。」 「水族館にはもう行きましたか?」 「明日行く予定です。」 「そうですかー行くなら午後3時ごろがいいですよ、ちょうどジンベイザメの餌やりが見れますよ。これがすごいらしいですよ」 「へーそうなんですか、見てみたいですね」 ガイドさんと きなこパパの会話。おいおい四国から来たのは間違いない。が、来たのはもう3年前。しかもジンベイザメの餌やり見に行ったやん。今日は観光客のふりをする きなこ一家でした。
画像
画像遊覧のあとは、ビオスの丘内をひたすら出口に向かって歩き、ハイジが乗ってそうな木のブランコに乗り、トトロが出てきそうな葉っぱのお家(これ実はゴミ箱)の横を通り、かえるが傘さして乗ってそうな蓮の葉っぱと花。充分に自然を満喫。さてそろそろ帰ろうかと出口を出ると・・・
画像
ぴかーん!!雲の隙間から光が差してあっというまにあれだけねずみ色していた空が青色に・・・・。なんつータイミング・・そして気温も上昇、一転暑い!でももうこの時きなこぱぱには異変が・・・早起きしてお弁当を作り、行き帰りの運転、きわめつけに上着もなくねずみ色の空の下歩き、遊覧船に乗り・・・・疲れと肌寒さが重なり・・はいバタンキュウー。少々熱あり、頭痛をうったえ、晩ゴも残し、今日のビオスの丘での思い出話をすることもなく早々に床につきましたとさ。画像のんきに口開けてる場合ちゃうで。早く善くなってくださいね。休日の家族サービスご苦労様でした。そんなてんやわんやの日曜日。きなこは何事もなく生誕10ヶ月をむかえました!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック