初発熱

17日。調子の悪い きなこパパに変わり朝のお坊ちゃまの散歩へ行こうとすると、きなこが起きてしまったので連れてお散歩へ。帰ってきてなにげにきなこのおでこを触るとかすかに熱い。熱をはかると37.2度。ふだんのきなこの平熱は35.7度ぐらい。確実にきなこパパの風邪をもらったよう。年末に鼻たれ子ちゃんになったぐらいで産まれてこのかた熱なんか出たことのないきなこ。様子を見ていると元気も食欲もいつもと変わらないのでさほど心配せずいつも通り過ごす。でもお昼をすぎると、いつもなら機嫌よく遊ぶのになぜか歩行器からおりようとして、ぐずぐず言い出す。眠いのかなーと思い抱き上げると、体が熱い。熱が38.3度。急いで冷えピタを張る。。夕方戻ってきたきなこパパもだいぶしんどそう。初めてのきなこの発熱でどうしたらいいか不安になり、一応救急で病院へ。受付をすませ順番を待つ。思っていた以上に救急で来ている人が多く、待っているだけで病気になりそうな気がしてきなこをつれて外で待つ。やっと順番がきて診てもらうと、やっぱり風邪。夜に熱が上がった時のために熱冷ましの座薬をもらう。そしてきなこパパはというと・・・診断の結果インフルエンザ・・・・マジデジマ??
画像
家に戻るときなこパパ隔離。やっぱり夜になるにつれてぐずりだすと共に熱の上がっていくきなこ。38.5度。いまだかつてない初発熱に不安を感じながら、すこしぐったりして眠るきなこに座薬をいれてあげる。少し熱が下がって楽になったのか夜中に起きることもなく朝まで眠る。                                                        18日。きなこパパ は大事をとって仕事をお休み。きなこはまだ37度ぐらいあるものの朝から元気もあって食欲も変わらないので一安心。と思っていたら、お昼を過ぎ、夕方近くになるとまたぐずぐず言い出す。熱を測ると38.5度。38度を越えるとしんどくなるのかぐずりだすきなこ。夜9時ごろにはとうとう39度まで上がり、今すぐ座薬を使ったほうがいいのかどうか考えていると・・・・携帯が鳴る。めぐみんに第三子が無事誕生したよの電話。陣痛が始まって一時間半でのスピード出産。3250gの元気な男の子。名前はまだ未定なのでとりあえずスージーと呼ぶことにする。スージーが産まれて二時間後ぐらいにめぐみんから電話があり出産の喜びでも聞けるのかしらと思うと、第三子となると感動も少ないのか、新しく誕生したスージーの話もそこそこにきなこの心配をしている我が妹めぐみん。画像そしてまた座薬を入れ、夜中うとうとしながらも心配で朝方まできなこの様子を見る。                      19日。朝熱を測ると37度。まだいつもより高いものの、お昼を過ぎてもぐずることもなく、おでこの冷えピタも貼り付けたまま元気に遊んでいるきなこ 画像それでもまだまだ安心できないので、今日のお坊ちゃまのお散歩はシッターさんにお願いする。久しぶりに再会したシッターさんにお坊ちゃまは大喜び。きなこ  ストレスを感じているお坊ちゃまにはいいストレス解消になったかな?晩ゴもパクパク食べてくれるし、きゃっきゃきゃっきゃ機嫌よく遊んでいるので、後は熱さえいつも通りになればきなこは大丈夫でしょう。今朝も熱が引いたのかまだ寝てるし。心配なのはきなこパパ。熱はないものの、食欲はないし、元気はないし、パンを焼いて焼き上がり前のあのよだれが垂れそうになるぐらいの匂いもかんじないぐらい鼻がバカになってるし、タミフルの副作用かしら?土日でしっかり休んで早く元気になってほしいもんだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 綾香

    Excerpt: 足跡残しです^^私もブログ始めたので見てください^^ Weblog: 綾香の親には見せれない赤裸々日記w racked: 2006-01-20 11:03
  • 二人だけの秘密の関係希望です

    Excerpt: こんなメールが迷い込んで来たのは二日前。迷わず返信しました Weblog: 人妻ですけど・・・ racked: 2006-01-21 04:42